1日葬のメリットとデメリット

1日葬とは・・・

1日葬とは、言葉の通り通夜を行わない葬儀の形をいいます。
一般的の葬儀では通夜を行い、翌日に葬儀や告別式を行う形式になります。
1日葬はこの通夜式を行わず、葬儀を1日で行うスタイルとなっています。
通夜を行わないということ以外は、一般的な葬儀と同様になります。
費用や体力的負担が抑えられることができるということから、家族葬と同様に新しい葬儀の形といわれています。

1日葬の流れを簡単に説明をさせていただきます

①ご逝去の後、自宅または霊安室にご安置をさせていただきます

②通夜式は行いません

③火葬日に式場へとお集りをいただき葬儀を1日で執り行います

④火葬

~~~~1日葬のメリット~~~~

今までの葬儀の形式にとらわれない近年ご希望する方が多くなっている新しい葬儀スタイルです。 親しい方々にお集まり頂き、通夜は行わず、告別式と火葬を1日で行うお葬式です。
直葬(火葬式)ではゆっくりとお別れをする時間がない為、この1日葬プランをお選びになる方が多くなってきています。

通夜式を行わないので飲食や返礼品など親族様へのおもてなし費用が軽減できます。

お通夜がある場合は、遠方から来られる親戚の方々は宿泊をしなければなりません。
宿泊先の手配も費用も必要となってきます。
葬儀を1日で行う1日葬は日帰りでもよいので、親戚の方々の負担も軽減がされます。

~~~~1日葬のデメリット~~~~

一般的なお葬式では、参列者のほとんどが通夜にご弔問に来られます。
仕事がある場合、故人様と最後の別れができない人が出て来るかもしれません。
一日葬はお通夜を行わないので、ご親族以外の会葬者を招きづらいと言う点がございます

上記のメリットとデメリットをふまえ1日葬は以下のような方におすすめです

  • 葬儀をなるべく費用をかけず済ませたい
  • 一般的な葬儀スタイルでは、スケジュール的、体力的に難しい
  • 身内だけできちんと葬儀は行いたいが人数が少ないのでごじんまりとした葬儀を希望

お葬式の大まかな流れ・葬儀社の見方・大切なこと

人はいつ亡くなるのか、それは誰にも分かりません。人の死とはある日突然やって来るものです。

いざという時に慌てず、故人様をしっかりあの世に送り出し成仏させてあげるためにも、お葬式の大まかな流れ・葬儀社の見方・大切な事について知っておくことは非常に重要なことです。

 

病院などで亡くなった場合は、病院などに葬儀社が居てご遺体を自宅まで安置してくれる事もございます。生前からすでに、葬儀社を決定している場合は葬儀社に連絡をし、その時の状況を伝えましょう。ご遺体を希望の安置場所へご安置したら枕元に小さな祭壇を作り、お線香をあげられるようにしていただきます。

⇒この時点で、葬儀社と葬儀内容を決めている方は安心して葬儀社におまかせ出来るでしょう。万が一の時のご安置場所は、ご家族でしっかりとお話する事をお勧め致します。(例えば、小さな家族葬で行いたい場合など、ご自宅にご安置した事でご近所の方々が大勢ご参列され、一般葬になってしまったという実例もございます。)

 

ご安置後はご家族でお葬式の内容を決めて、お見積もりを取ります。業者が決定していない場合は、何社かの見積もりをとり、葬儀社を比較検討すると良いでしょう。
お見積もりの多くは、葬儀一式代金として価格が提示されることが多いものです。

だからこそ、お棺代・祭壇費用・供花代と詳細に費用が記載されているお見積もり書は非常に信用がおけます。プラン表に具体的な祭壇や棺の写真が添付されていたり、何が付いていて何が付いていないのかを明白に伝えてくれる葬儀社は、非常に良心的な業者であると言えます。そういったポイントを見て葬儀社を決定すると良いでしょう。また、見積書の金額以外に費用は一切かからないのかと言った点もきちんと確認しておきましょう。後でトラブルにならない様に、事前の確認が大事なのです。

⇒生前から葬儀社と事前相談をしっかりと行い、ある程度の葬儀内容やオプション内容(供花・供物・お料理など)を決めている方は、以前出したお見積り書から変更が無いかを確認しながら、ここで最終のお見積りをお出しします。ご家族様から故人様のお話を再度伺い、祭壇のお色やメモリアルコーナーなど世界に一つの特別なお葬式の準備をご家族と始めます。
葬儀社を決定していない場合は、葬儀に何が必要かを考えながら値段を比較し葬儀社を決めていかなければならないのです。価格が安い葬儀社が必ずしも良心的とは限りません。同じ価格でも、葬儀社によってプラン内容が違います。通夜・葬儀を滞りなく行える事を確認し、後から追加料金が発生しないように葬儀社とお話しながらすすめていきましょう。


業者が決まりお葬式のプランが決定したら、いよいよ納棺・通夜になります。納棺の際には、ご家族が故人様の好きだった物や、愛用品、お手紙などを一緒に納めてあげると良いでしょう。また、お通夜では会葬者に通夜振る舞いをして、皆様で故人様を夜通し偲ぶのです。

翌日は告別式です。そこではご家族、ご親族、会葬者の皆様がお焼香し、沢山のお花を皆様で棺に納め最後の別れの時を過ごします。そして喪主が挨拶をし、霊柩車で棺を火葬場に運ぶのです。

火葬場では約1時間前後火葬をして、その後はご家族やご親族の皆様で骨上げをします。骨上げはお箸を用いて行います。あの世とこの世の橋渡しの意味が込められています。

⇒生前から遺影に使用する大切なお写真や、お寺様の確認、ご親族様への連絡リスト、お棺に入れて差し上げる物などをご準備されている方は、スムーズにその場の状況に対応でき、通夜・葬儀の大切な2日間をゆっくりとお過ごし頂けると考えます。お別れの際は、故人様が大好きだった色のお花がお棺いっぱいに広がる事でしょう。
あまり葬儀の準備をされていなかった場合は、上記の事を確認しながら通夜・葬儀の2日間を過ごします。生前からご準備されている方と比べると、ゆっくりと過ごす事が難しいかもしれません。

 

 

 

人はいつ亡くなるのか、それは誰にも分かりません。人の死とはある日突然やって来るものです。

いつかが分からないこそ、お葬式の準備がとても大切になります。

お葬式の流れを見ると、事前に葬儀社を決めて相談をしている方とそうでない方とでは、お葬式の過ごし方が違います。

事前に準備をしている方とそうでない方が大きく違う点。それは・・・

大切な故人様とゆっくりと過ごす時間

 

通夜・葬儀の2日間は、ご家族様・ご親戚様・参列者様の皆さまにとって大切な日。

ですが、この日を誰よりも大切に想うのは、故人様の最初で最後のお式を

葬儀社と共に作り上げる喪主様です。

通夜葬儀の2日間で、沢山の選択に迫られた喪主様が

お葬式が終わった後、あまり悲しむ余裕がなかったな・・と後悔される事がないように。

 

家族葬専用ホールメモリアル堺では、事前相談を皆様にすすめております。

ですが中には、お葬式の事は考えた方が良いけど、事前相談に行く時間がない・・。という方も

沢山いらっしゃると思います。

全て決める事が出来なくても、ご家族様で万が一の時どんなお葬式にするか

お寺様の確認や、ご予算の確認、ご親族の人数確認など・・。

出来る所からご家族でお話する事をおすすめいたします。

 

 

人生で1回だけの大切なお葬式

これまでで1番大きなありがとうを伝え合う日に・・・。

 

 

葬儀費用の内訳とは・・・

葬儀に必要となる費用とは

大切な方との別れはとても悲しいものですが、いざ葬儀をするとなったらどうしても気になってしまうのが葬儀費用のことです。

いったいどのくらいの費用が必要なのか見当もつかないのが本音ではないでしょうか・・・
自分たちがこれから行おうとしている葬儀の見積もりを見たときに、その費用が本当に妥当かどうかを判断することができます。いくら急ぎの事態だからとはいえ、意に沿わない内容での葬儀を行うべきではありません。

お葬式に費用は下記5つに分けることができます

①ご葬儀基本料金
②親族様の飲食費用
③その他(マイクロバス・火葬料金・お供え物)
④御布施
⑤返礼品(家族葬ではあまり必要とされません)


 何もかもにお金を使えばよいというわけでもありませんし、逆に、お金がなくなるのを気にして葬儀の内容が薄くなってしまうのも問題です。どのように送り出したいか、周りの人たちときちんと相談した上で、悔いの無いように必要なこととそうでないことをしっかり見極め、葬儀の内容を決めてみてはいかがでしようか。