堺市の火葬式の流れについて

堺市の火葬式の流れ

火葬式とは、通夜や告別式などの儀式は行わず、親しい方を中心にお見送りするシンプルな火葬のみの葬儀形式です。今回はそんな火葬式の流れについてご紹介させていただきます。

 

 

堺市で行う場合の火葬式の流れは?

火葬式の流れは、臨終を迎えたのちに「遺体の搬送」⇒「ご安置」⇒「納棺」⇒「出棺」⇒「火葬」⇒「拾骨」の順となります。こちらについて下記より、詳しくご説明いたします。

 

ご安置

ご逝去後24時間は火葬することができません。また病院では長時間の安置はできません。そのため、安置場所が決定したら、ご自宅または葬儀社の安置施設へご搬送いたします。この時に近しいご親族のみに訃報を流すと良いでしょう。

 

納棺

故人様は仏衣に着替え、身支度を行います。

出棺

故人様との最後のお別れを行い、棺を霊柩車に乗せて出棺となります。霊柩車には、喪主または遺族1〜2名が同乗し火葬場へ向かいます。事前に打ち合わせの上、霊柩車でご自宅や職場などをまわっていくことも可能です。火葬場へ到着後、棺を火葬炉に納め火葬を開始します。火葬は1時間半前後かかりますので休憩室で休息をして、拾骨の流れとなります。

 

 

堺市で行う火葬式の費用とは?

葬儀費用に関しては、流れと共に多くの方が気にされている所です。火葬式は一般葬・家族葬・一日葬などよりもシンプルでコンパクトな葬儀形式になるため、その分費用も抑えて葬儀を執り行うことができます。家族葬専用ホールメモリアル堺では、火葬式を98.000円(107.800円税込)から行うことができます。

 

 

 

火葬式を行う上で注意すべきこととは?

①菩提寺とトラブルに発展する恐れがある

菩提寺がある場合は先祖と同じように故人も納骨をすると思いますが、直葬を選んだことで納骨ができない事態に陥るかもしれません。戒名をつけられていない、儀式をしていないため檀家と寺の関係性が崩れ、結果的に納骨を拒否されることがあります。

 

②後々後悔する可能性がある

故人とお別れする時間がわずかしか持てないという点もデメリットの一つです。通常のお葬式ならば、お通夜やご葬儀、告別式の間に故人に手を合わせ、祈る機会があります。しかし、これらを省く直葬では、お別れの時間が少なすぎると感じるかもしれません。

また、通常のお葬式ならば、「お通夜にこられない場合にはご葬儀・告別式でお別れをする」といったように、どこかでお別れのチャンスがあります。そのため、葬儀に参列できなかった人からも不満の声が上がる可能性があるかもしれません。

 

 

 

 まとめ

いかがでしたでしょうか?堺市にて火葬式をご検討中の皆様にとって少しでもご参考いただけていれば幸いです。家族葬専用ホールメモリアル堺では、皆様のご希望を尊重してお客様に少しでもご安心いただくために、葬儀内容について詳しくご案内させていただきますので、お気軽にご相談くださいませ。

 

 

 

 

家族葬専用ホールメモリアル堺

住所:堺市中区深井北町3500番地
TEL:072-269-4424
24時間365日お問い合わせ可能です

★泉北一号線沿いロイヤルホームセンター様の向かい
★ピンク色の看板が目印です
★丸亀製麺様の北隣です
★駐車場完備

 

 

堺市で葬儀費用を安くする方法

堺市で葬儀費用を安くする方法

堺市で葬儀費用を安くする方法

近年、堺市でも葬儀の費用を抑えたいという方が増加傾向にあります。

今回は、堺市で葬儀費用を抑える方法についてお話します。

 

 

 

 

 

葬儀形態の見直しを行う

一昔前までは会社の方や知人友人・ご近所の方など親族以外にも参列いただく方が大変多く、平均でも100人前後で行うお葬式が一般的でした。

このように一般の方を招く葬儀形態の場合、返礼品や食事の用意などにも費用が必要となり100万円以上の葬儀費用が掛かってきます。

堺市の方で「葬儀の費用を抑えたい」と思っている方は、親族のみで通夜葬儀を行う「家族葬」や通夜を行わず葬儀のみを行う「1日葬」、通夜葬儀の儀式を行わず火葬のみを行う「火葬式・直葬」の3つを選ぶことが殆どです。

 

 

 

 

家族葬とは?

家族葬とは、主に故人と親しい関係にあった親族で行う葬儀形態です。家族葬だから家族のみで葬儀を行なわなければならないと考える方も多いかもしれませんが、家族葬に明確な定義はございません。

ご親戚はもちろん、故人と親しかったご友人など少人数であればご家族以外の方が参列されても問題はございません。

 

 

1日葬とは?

1日葬とは、通夜を行わず1日で葬儀を終える葬儀形態のことをいいます。一般の葬儀では、2日間かけて通夜と葬儀を行いますが、先述の通り1日葬は通夜を省略する為1日で終了します。

葬儀の日数が1日になる事によって、施設使用料の減額や食事・供養品の回数が減り葬儀の費用を抑えることができます。

 

 

直葬・火葬式とは?

直葬・火葬式とは、近年で急激に増えた葬儀形態の1つです。近しいご家族でお集りいただき、通夜葬儀を行わず、火葬のみを行う葬儀形態になります。直葬・火葬式は儀式を執り行わない為、葬儀式に必要になる費用はもちろん会葬者にかかる費用もございません。

家族葬・1日葬と比較しても直葬・火葬式は大きく費用を抑える事ができます。

 

 

 

 

葬儀の費用に関しては、家族葬⇒1日葬⇒直葬・火葬式の順で費用を抑えることが可能です!

 

 

 

 

 

 

 

葬儀の補助金を活用する

堺市には故人が国民健康保険や後期高齢者医療制度(75歳以上)に加入していた場合、喪主に対して一律5万円の葬祭費を支給する制度がございます。葬祭費を申請できるのは、死亡された被保険者の葬祭を行った方が対象となりご家族が自分で申請しなければなりませんので注意しましょう。

 

 

<申請で必要になるもの>

〇故人の保険証

〇印鑑

〇申請者名義の口座番号(葬祭費を受け取る為に必要なります)

〇死亡診断書のコピー

〇葬儀費用の領収書

 

 

必要書類は堺市役所のホームページでもご確認いただけます。

こちらの申請には期限があり、堺市では葬儀を行った日の翌日から2年間が過ぎると申請できなくなりますのでご注意下さい。

 

 

 

 

 

堺市の葬祭費に関してはこちらをクリック ↓ ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他社との比較をする

堺市にはたくさんの葬儀社がございます。葬儀社によって葬儀料金は異なりコンセプトも様々です。大切なのは最初から1社に任せてしまうのではなく、複数社を比較検討しご家族に合った葬儀社を探すこと。ご家族に合った葬儀社を見つける事が重要になります。

葬儀社によっては、病院にお迎えに上がる寝台車や故人様に必要となるドライアイスなどが含まれていない場合もございます。

葬儀社を比較するときは、必ず葬儀に必要な物が全て入っているかを確認する事が大切です。

 

 

 

 

 

 

仮会員制度を活用する

事前申し込みや仮会員登録をすることによって葬儀費用を抑える事ができる葬儀社もございます。時間に余裕があり、ゆっくりと葬儀社を選択できる時に事前相談・仮会員登録・葬儀会員制度への登録を行うことがとても大切です。

家族葬専用ホールメモリアル堺でも仮会員制度を設けておりますので是非、ご検討くださいませ!

お急ぎの方でもホームページ又はお電話にて今すぐ仮会員登録を行え、万が一の時は会員様価格で葬儀を行うことができます。

 

 

 

 

詳しくはこちらをクリック↓↓

仮会員登録が可能です

 

 

 

 

 

 

 

家族葬専用ホールメモリアル堺

家族葬専用ホールメモリアル堺では、葬儀の事前相談を行っております。

家族葬・1日葬・直葬(火葬式)の葬儀形態をご準備し、ご家族に合ったプランを葬祭プランナーがご提案させていただきます。

 

 

お電話でのご相談や、資料請求も行っておりますのでお気軽にお問い合わせ下さいませ。

↓ ↓ ↓ ↓

 

堺市の御布施の相場はどれくらい?【堺市葬儀】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月に入りました!【家族葬専用ホールメモリアル堺】

 

家族葬専用ホールメモリアル堺

住所:堺市中区深井北町3500
TEL:072-269-4424
※駐車場あり

☆泉北一号線ロイヤルホームセンターさんの向かい丸亀製麺北隣
☆ピンク色の看板が目印です

 

 

 

 

 

 

 

 

手元供養について

手元供養について【堺市家族葬】

手元供養について

 

 

 

皆様こんにちは。家族葬専用ホールメモリアル堺です。

皆様は手元供養についてご存じでしょうか。

「言葉は知っているけど実際にしたことは無い。」「手元供養って簡単にできるの?」などあまりご存じでない方もいらっしゃるかもしれません。

本日のブログでは【手元供養について】お話していきます。

 

 

 

 

 

手元供養について

 

 

手元供養って何?

手元供養とはご自身のお手元や、ご自宅など身近な場所に遺骨を保管し供養をするスタイルの事をいいます。

お墓に納骨をした上で遺骨の一部を手元供養として保管される方や、骨壺自体をご自宅で保管される方もいらっしゃいます。ご自宅で保管される方は「自宅供養」という言い方をされる方もいらっしゃいます。

近年では、核家族化や住環境によってお仏壇やお墓を作らないと考える方も多く、手元供養や自宅供養の需要が高まっております。

手元供養にはご自宅で飾るタイプの物からアクセサリーとして身に着けるタイプの物まで、様々な種類がございます。

【いつも大切なあなたを想っていたい】【常に故人を身近に感じていたい】というお声から生まれたのが手元供養です。

 

 

 

 

どんな種類の手元供養があるの?

 

手元供養には様々な種類がございます。

 

 

 

〇ミニ仏壇

お写真やリンなどを置いて小さな仏壇としてご自宅で供養いただきます。

 

手元供養について【堺市家族葬】

 

 

 

 

〇ペンダント

ペンダントの中に遺骨を保管いただける小さなスペースがございます。

遺骨をご自身で中へ入れていただく事が可能です。

常に身に着けて持ち運べるので、手元供養の中では人気が高い商品です。

 

 

手元供養について【堺市家族葬】

 

 

 

 

 

 

〇ブレスレット

こちらも、ペンダントと同じような仕組みになっております。

女性用の物から、男性用の物まで幅広いデザインをご用意しております。

 

 

手元供養について【堺市家族葬】

 

 

 

 

 

 

 

〇ミニ骨壺(ソウルプチポット)

鮮やかでカラフルな色合いの物から、和のテイストで作られた落ち着いた物まで、手元供養として残すお骨壺には様々なデザインがございます。

生前の故人様をイメージしたお色でお持ちいただく方が多い印象です。

 

 

 

手元供養について【堺市家族葬】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこで購入できるの?

 

家族葬専用ホールメモリアル堺では、手元供養の商品もお取り扱いしております。

葬儀時、お骨壺についてお話させていただく機会がございますが、手元供養をご希望の方は当社の葬儀スタッフへご遠慮なくお申し付けくださいませ。

 

手元供養の多くは受注を受けてからの作成となります。

葬儀後、商品が届き次第お渡しさせていただきますので遺骨を入れていただき、手元供養として保管くださいませ。

 

また、手元供養を行う際は必ずご親族とお話していただきたく存じます。

近年主流になってきている供養の形ではありますが、ご親族の中には分骨をすることに抵抗感を持つ方もいらっしゃるかもしれません。

大切なご家族を心から想うお気持ちはお一人お一人にございます。是非、お話くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

手元供養についてお話させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

 

 

手元供養は「いつでも近くで大切なあなたと繋がっていたい」と願うご家族のお気持ちを表現した供養の形。

大切なあなたと過ごしたこれまでの想い出とこれから始まる新しい想い出を一緒に共有できるような商品だと感じております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族葬専用ホールメモリアル堺では、葬儀の事前相談や式場見学を行っております!

ご来館時に葬儀を行っている可能性もございますので、ご来館いただく際はお電話にてご予約のご協力をお願い致します。

 

 

 

 

 

9月に入りました!【家族葬専用ホールメモリアル堺】

 

家族葬専用ホールメモリアル堺

〒599-8271

堺市中区深井北町3500

(お問い合わせ)072-269-4424

 

 

 

仏衣の意味や種類について

仏衣の意味や名称とは

仏衣の意味や種類について

 

 

皆様こんにちは。家族葬専用ホールメモリアル堺です。

本日は故人様に着用いただく【仏衣】について少しお話させていただきます。

 

 

 

 

 

 

〇仏衣の意味について

 

仏衣とは

仏衣とは、亡くなられた方(故人様)に着ていただくお着物の事です。

 

仏衣という言葉以外に、死装束(しにしょうぞく)や白装束(しろしょうぞく)という言い方をする事もございます。

 

家族葬専用ホールメモリアル堺では、仏衣という表記を使用しております!

 

現在では、葬儀社が準備した仏衣を着ていただく事が一般的ですが、昔はご親族が仏衣を仕立てて用意をしていたそうです。

ご納棺前に、故人様に仏衣を着ていただき旅支度の準備を行います。

 

 

 

 

仏衣を着る事にどんな意味があるのか

仏衣は、仏式の方が修行を行う時や宗教の聖地や聖域を訪れ参詣を行う際に身に着けられていた衣服でもあります。

古くから、日本の葬儀は仏式で行う事が多かった為、浄土の道へ旅立つ故人が修行を行う衣服として仏衣を着用するという意味もございます。

(宗派によって異なります)

 

 

 

 

 

 

 

〇仏衣の種類について

 

仏衣の種類

一般的に仏衣のお色は「白」を想像される方が多いと思います。

現在は、ピンクや青色など性別や好みに合わせてお選びいただける物もございます。

 

家族葬専用ホールメモリアル堺の【貴婦人プラン】では、桜の刺繍が入った愛らしい仏衣もご用意しております!

 

 

 

 

仏衣の意味や名称とは【堺市葬儀】

 

仏衣の意味や名称とは【堺市葬儀】

 

 

 

 

 

〇仏衣以外のお洋服について

 

 

ご希望のお洋服

ご希望がございましたら、故人様が愛用されていたお洋服を着ていただくことも可能でございます。

また、様々な問題で着用が難しい場合は故人様の胸元にかけさせていただくか、ご家族でお棺に納めていただきます。(着用をご希望のご家族にはお湯灌をお勧めさせていただきます)

 

 

 

 

フューネラルドレスについて

フューネラルドレスをご存じですか?

家族葬専用ホールメモリアル堺では、新しい仏衣の形としてフューネラルドレスとタキシードもご用意しております。

 

 

仏衣の意味や名称とは【堺市葬儀】

 

 

 

仏衣の意味や名称とは【堺市葬儀】

 

 

 

「結婚式が出来なかったから・・」

「最期はかっこよく旅立ってほしい・・」

「お母さんは可愛い物が大好きだったから・・」

 

など、ご家族の温かな想いで送る特別なお洋服となっております。

ご家族から故人様への最後のプレゼントとして大変ご好評をいただいております。

 

 

 

 

 

 

メモリアル堺のプランには、家族葬・1日葬・直葬(火葬式)全てのプランに仏衣が含まれております。

仏衣以外に、手甲・三角布・脚絆など旅支度に必要な物を全てご用意しております。

 

 

故人様のお身体に負担が無い場合は脚絆・手甲・足袋を付けさせていただき、その他は全て袋に入れてご準備をさせていただきます。

 

 

 

数珠や白木で出来た杖、作り物ではございますが六文銭もご用意しております。

ご家族が安心して故人様を送りだせるように、沢山の想いを込めて旅支度を行いましょう。

 

 

 

 

家族葬専用ホールメモリアル堺の資料請求はこちら

↓  ↓  ↓  ↓

 

メモリアル堺資料請求

 

 

 

 

家族葬専用ホールメモリアル堺の仮会員登録はこちら

↓  ↓  ↓  ↓

 

家族葬専用ホールメモリアル堺

 

 

 

 

 

家族葬専用ホールメモリアル堺

 

住所:堺市中区深井北町3500
TEL:072-269-4424
※駐車場あり

☆泉北一号線ロイヤルホームセンターさんの向かいにございます会館です。
☆ピンク色の看板が目印です

 

堺市の火葬場について・・・(堺市民のお葬式情報) 

堺市立斎場

堺市の火葬場について・・・

堺市立斎場(堺市の火葬場)を耳にされた方もいらっしゃるかと思います・・・

お葬式には直葬(火葬式)・1日葬・家族葬といろいろな形があります

どのような形式のお葬式を行ったとしても最後には堺市の火葬場(堺市立斎場)

をご利用頂き火葬をするという流れになってまいります。

 

いざ葬儀となった場合・・・

 

葬儀の日程を決めていくうえで以下の事柄が必要となってきます。

〇親族皆様の予定

〇火葬場の空き状況の確認

〇希望式場の空き状況の確認

〇宗教者の方の予定をお伺いする

この4つの条件をクリアして葬儀の日程が決まっていきます。

 

希望式場も空いており、宗教者の方の予定も問題ないが、葬儀の希望日に火葬場だけが空いていない・・・

どうしても、希望日に葬儀を行いたい場合は市外の火葬場を利用するという選択肢も出てきます。

ただし、火葬料金が市外扱いでで高額になる・・

式場からの移動距離が遠くなる・・・などのデメリットも生じてきます。

 

日程に余裕のある方は対象者の方を霊安室で預かってもらうという選択肢

も出てきますので、この辺りは家族の皆様で事前に話し合っておくのも良いかと思います。

 

 

堺市の火葬料金について・・・

堺市の火葬場(堺市立斎場)は2通りの料金体系があります。

お亡くなりになられた故人様が堺市民なのか、そうで無いのかで金額が異なります。

堺市では故人様が堺市民の場合2万円、そうで無い場合は5倍の10万円となります。

特例としまして堺市民の方で生活保護受給者の方は火葬料金の減額申請を行うことで

堺市民料金2万円が1万円の負担で行うことが出来ます。

 

一般的な火葬料金の例としまして故人様が堺市民の場合、葬儀を出す喪主様が堺市民外であっても

火葬料金は2万円となります。

 

葬儀を出す喪主様が堺市民、故人様が堺市民外となれば火葬料金は10万円となります。

 

堺市の運営している、堺市立斎場での火葬料金だけでも故人様の状況によってこんなにも金額の

差があることをご存知でしたか?

 

万が一の時に慌てて無駄な時間やお金を使わないで済むように、家族葬専用メモリアル堺から

無料でプレゼントをしている!

 

堺市の葬儀社が考える”喪主になっても困らない本

がございます。

 

「書店で買った本では全国の平均的な事しか載っておらず参考にならない。」

「堺のお葬式について知りたい。」

「今更常識的な事をきくのは恥ずかしい。」

 

など、色々な声を頂戴して作成した一冊です。

ご希望の方には無料でお送りをさせて頂いております!

お問い合わせは 📞072-269-4424

 

是非、参考にしていただければ幸いです。

 

お葬儀に関してのお話

葬儀について(メモリアル堺)

 

 

 

皆様、こんにちは

 

 

家族葬専用ホールメモリアル堺です。

 

 

葬儀について(メモリアル堺)

 

春光うららかな季節を迎え、いかがお過ごしですか。

 

 

 

 

今回はお葬儀に関してのお話です。

 

 

 

 

葬儀の流れ

①臨終

医師が死亡を確認後、家族葬専用ホールメモリアル堺へお電話下さい。

 

📞 072-269-4424

 

24時間どこの病院にでもお迎えに参ります。

 

葬儀について(メモリアル堺)

 

②お戻り先(ご安置)

自宅または安置施設へ搬送させて頂きます。

(お式の日程など打ち合わせを行います。)

 

 

③打ち合わせ(葬儀の内容 → プラン・祭壇等)

家族葬専用ホールメモリアル堺では最初のカウンセリングの場と考え、ご家族の想いを充分にくみ取りながら、打ち合わせを進めてまいります。

 

 

葬儀について(メモリアル堺)

 

 

④通夜

遺族・親類縁者・故人と関係が深かった人が集まって、故人との最後の夜を過ごすものです。

 

最近では、通夜を行わない一日葬も増えています。

 

⑤葬儀・告別式

通夜の翌日に行われます。

 

故人を丁重に弔い、最後のお別れをします。

 

葬儀について(メモリアル堺)

 

 

⑥出棺~火葬場

霊柩車で火葬場に向かいます。

(ご親族皆様のご移動にマイクロバスのご用意も可)

 

 

⑦精進落とし

火葬をお待ちいただく間に精進落としを行います。

 

火葬~収骨までには約1時間半前後のお時間が掛かります。

 

 

 

 

⑧収骨・初七日

収骨後、式場へとお戻りを頂きまして繰り上げ初七日法要を行います。

 

(最近では葬儀の御読経後、続けて初七日法要を行う事が増えてきました)

 

本来は、亡くなったひを含め7日以内に行う法要で故人が無事三途の川を渡り終えることを祈ります。

 

 

⑨後飾り祭壇

家族葬専用ホールメモリアル堺では後飾り祭壇一式の準備もさせて頂いております。

 

 

⑩アフターサポート

位牌・仏壇・香典返しのお手伝いも致しております。

 

葬儀の流れ、簡単にまとめさせて頂きました。

皆様の安全・スタッフの安全を確保する為、事前相談・会館見学でご来館の際はご予約のご協力を頂いております。

 

お問い合わせは 📞072-269-4424

 

 

 

お葬式の事前相談は必要なのか

お葬式の事前相談は必要なのか【家族葬専用ホールメモリアル堺】

 

皆様こんにちは。

家族葬専用ホールメモリアル堺です。

 

家族葬専用ホールメモリアル堺では、式場見学や葬儀の事前相談を随時行っております。

 

 

 

 

事前相談では、葬儀の疑問にお応えし葬儀費用のご説明もしっかりとさせていただきます。

 

ご希望がございましたら、葬儀のお見積りもお渡しさせていただきますのでご安心ください。

 

 

 

 

 

万が一の時は、事前相談でお話した内容を元に、変更箇所が無いかなどを確認し、お打合せをさせていただきます。

 

 

 

事前相談をしてからご葬儀を行ったご家族の皆様からは「当日、葬儀に対する不安が無かったので後悔のないお葬式ができた」という温かなお声を沢山頂いております。

 

 

 

様々な悩みや不安を抱えた中、バタバタと通夜・葬儀の2日間が過ぎてしまった・・。

という事が無いように、葬儀について考える時間はとても大切です。

 

 

 

 

 

 

本日のスタッフブログでは、【お葬式の事前相談は必要なのか】を考えていきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お葬式の事前相談は必要なのか【家族葬専用ホールメモリアル堺】

 

こちらに登場するのは・・。

 

事前相談を行ったAさんと 事前相談をしていないBさんです。

 

 

 

 

 

 

【万が一の事が起きた時】

 

お葬式の事前相談は必要なのか【家族葬専用ホールメモリアル堺】

 

 

Aさんは、事前に葬儀社を家族葬専用ホールメモリアル堺に決めている為、すぐに連絡する事ができました。

 

 

Bさんは、どこの葬儀社にするのか。沢山の不安を抱えながら、葬儀社を探しています。あまり分からないまま葬儀社を決めてしまいました。

 

 

 

 

病院では、すぐに葬儀社を探すように言われるケースが見受けられます。

短時間の間に病院を出なければならない時、ゆっくりと葬儀社を比較して・・・という時間をとることが難しくなります。

 

 

 

 

 

 

 

【お打合せ】

 

お葬式の事前相談は必要なのか【家族葬専用ホールメモリアル堺】

 

 

 

Aさんは、生前に家族葬専用ホールメモリアル堺で事前相談をした内容に変更が無いかを確認し、葬祭プランナーと約1時間の打合せを行いました。

事前に連絡先リストや、副葬品も準備していた為慌てることなく、お打合せができました。

遺影写真も事前に数枚準備していた為、葬祭プランナーと相談しながら満足のいく写真を作ることができました。

 

 


Bさんは、病院で急いで葬儀社を決め、打合せの時に葬儀内容を確認しました。

葬儀に必要なものを1つ1つ購入していき、葬儀費用がいくらになるのか不安を抱えていました。

親族は何人ぐらい来てくれるのか、写真はどこにあるのか・・。

打合せの段階で、分からない事が沢山でした。

 

 

 

 

 

葬儀社によって葬儀内容は大きく2つに分かれます。

 

①葬儀に必要になる物がセットプランになっている葬儀社

②葬儀に必要なものを1つずつ購入していく葬儀社

 

 

家族葬専用ホールメモリアル堺では、①のお葬式に必要なものを全て含んだ葬儀プランをご用意し、ご案内させていただきます。

 

葬儀社によって葬儀内容が様々ですので、ご家族に合った葬儀内容を事前に確認しておく事がとても大切になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【お通夜・お葬式】

 

 

 

 

Aさんは、親族へ事前確認ができていた為、お料理の数も予定通りでした。

葬儀当日も心配ごとは何もなく、お別れの時間に専念する事ができました。

メモリアル堺の事前相談で、変動費用(料理・供養)を含むお見積りを確認できていたので、葬儀費用も納得のいく金額でした。

 

 

Bさんは、きちんとした事前確認ができなかった為、お料理の数にも少し影響が出てしまいました。

他にも抜けているところが無いか、不安を抱えながらお別れの時間を迎えた為、大切なお別れの時間に専念する事が難しかった様子です。

請求金額も想像より少し高い印象でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【お葬式の事前相談は必要なのか】AさんとBさんで比較をして参りましたがいかがでしたでしょうか。

 

 

 

 

 

事前相談を行ったAさんと 事前相談をしていないBさん

 

2人の中で1番大きな違いは「心の安心感」でした。

 

 

 

 

葬儀の事前相談を行っていたA様は、焦ることなく葬送の2日間を過ごせた印象があります。

事前に把握しているからこそ、心に余裕が生まれ、安心感を持って葬儀を行うことができました。

 

 

 

 

 

大切なご家族の葬送の2日間は、1度しかない時間です。

 

 

 

 

ご家族に安心してお過ごしいただく為にも、大切なご家族の想い送りの場に後悔を残さない為にも、家族葬専用ホールメモリアル堺はお葬式の事前相談をとても大切にしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族葬専用ホールメモリアル堺では、式場見学や事前相談などを行っております!

 

ご来館あ難しい場合は、お電話でもご相談を受け付けておりますので、お気軽にご連絡くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

葬儀の詳しいパンフレットをご自宅へお届けする

資料請求も行っております。

↓ ↓ ↓

資料請求

 

 

 

 

 

 

 

 

堺市葬儀 家族葬専用ホールメモリアル堺

 

 

 

 

 

 

直葬のメリットとデメリット

堺市立斎場

 直葬とは・・。

直葬とは、言葉の通り通夜と葬儀を行わない葬儀の形をいいます。
一般的の葬儀では通夜を行い、翌日に葬儀や告別式を行う形式になります。
直葬はこの通夜式と葬儀を行わずにお別れのみをシンプルに行い費用や体力的負担が抑えられることができるということから、近年新しい葬儀の形とも言われています。

 

 

 

 

 

 直葬の流れを簡単に説明させていただきます

①ご逝去の後、自宅または霊安室にご安置をさせていただきます

②通夜式と告別式は行いません

③火葬日に火葬場へとお集りをいただき故人様とのお別れをして頂きます

④火葬

 ~直葬のメリット~

今までの葬儀の形式にとらわれない近年ご希望する方が多くなっている新しい葬儀スタイルです。 親しい方々に火葬場または霊安室にお集まり頂き、最期のお別れをして頂きます。

通夜式と葬儀をを行わないので飲食や返礼品など親族様へのおもてなし費用が軽減できます。

 

 

 

 ~直葬のデメリット~

一般的なお葬式では、参列者のほとんどが通夜もしくは葬儀に参列をされます。
通夜式、葬儀を行わないので故人様と最後の別れができない人が出て来るかもしれません。

 

 

 

 

上記のメリットとデメリットをふまえ直葬は以下のような方にお勧めです。

 

  • 費用をかけず済ませたい
  • 一般的な葬儀スタイルでは、スケジュール的、体力的に難しい

1日葬のメリットとデメリット

 

〇1日葬とは・・。

 

1日葬とは、言葉の通り通夜を行わない葬儀の形をいいます。
一般的の葬儀では通夜を行い、翌日に葬儀や告別式を行う形式になります。
1日葬はこの通夜式を行わず、葬儀を1日で行うスタイルとなっています。
通夜を行わないということ以外は、一般的な葬儀と同様になります。
費用や体力的負担が抑えられることができるということから、家族葬と同様に新しい葬儀の形といわれています。

 

 

 

1日葬の流れを簡単にご説明させていただきます。

 

①ご逝去の後、自宅または霊安室にご安置をさせていただきます

②通夜式は行いません

③火葬日に式場へとお集りをいただき葬儀を1日で執り行います

④火葬

 

 

~1日葬のメリット~

 

今までの葬儀の形式にとらわれない近年ご希望する方が多くなっている新しい葬儀スタイルです。 親しい方々にお集まり頂き、通夜は行わず、告別式と火葬を1日で行うお葬式です。
直葬(火葬式)ではゆっくりとお別れをする時間がない為、この1日葬プランをお選びになる方が多くなってきています。

通夜式を行わないので飲食や返礼品など親族様へのおもてなし費用が軽減できます。

お通夜がある場合は、遠方から来られる親戚の方々は宿泊をしなければなりません。
宿泊先の手配も費用も必要となってきます。
葬儀を1日で行う1日葬は日帰りでもよいので、親戚の方々の負担も軽減がされます。

 

 

 

~1日葬のデメリット~

 

一般的なお葬式では、参列者のほとんどが通夜にご弔問に来られます。
仕事がある場合、故人様と最後の別れができない人が出て来るかもしれません。
一日葬はお通夜を行わないので、ご親族以外の会葬者を招きづらいと言う点がございます

 

 

 

上記のメリットとデメリットをふまえ1日葬は以下のような方にお勧めです

 

  • 葬儀をなるべく費用をかけず済ませたい
  • 一般的な葬儀スタイルでは、スケジュール的、体力的に難しい
  • 身内だけできちんと葬儀は行いたいが人数が少ないのでごじんまりとした葬儀を希望

お葬式の大まかな流れ・葬儀社の見方・大切なこと

人はいつ亡くなるのか、それは誰にも分かりません。人の死とはある日突然やって来るものです。

いざという時に慌てず、故人様をしっかりあの世に送り出し成仏させてあげるためにも、お葬式の大まかな流れ・葬儀社の見方・大切な事について知っておくことは非常に重要なことです。

 

病院などで亡くなった場合は、病院などに葬儀社が居てご遺体を自宅まで安置してくれる事もございます。生前からすでに、葬儀社を決定している場合は葬儀社に連絡をし、その時の状況を伝えましょう。ご遺体を希望の安置場所へご安置したら枕元に小さな祭壇を作り、お線香をあげられるようにしていただきます。

⇒この時点で、葬儀社と葬儀内容を決めている方は安心して葬儀社におまかせ出来るでしょう。万が一の時のご安置場所は、ご家族でしっかりとお話する事をお勧め致します。(例えば、小さな家族葬で行いたい場合など、ご自宅にご安置した事でご近所の方々が大勢ご参列され、一般葬になってしまったという実例もございます。)

 

ご安置後はご家族でお葬式の内容を決めて、お見積もりを取ります。業者が決定していない場合は、何社かの見積もりをとり、葬儀社を比較検討すると良いでしょう。
お見積もりの多くは、葬儀一式代金として価格が提示されることが多いものです。

だからこそ、お棺代・祭壇費用・供花代と詳細に費用が記載されているお見積もり書は非常に信用がおけます。プラン表に具体的な祭壇や棺の写真が添付されていたり、何が付いていて何が付いていないのかを明白に伝えてくれる葬儀社は、非常に良心的な業者であると言えます。そういったポイントを見て葬儀社を決定すると良いでしょう。また、見積書の金額以外に費用は一切かからないのかと言った点もきちんと確認しておきましょう。後でトラブルにならない様に、事前の確認が大事なのです。

⇒生前から葬儀社と事前相談をしっかりと行い、ある程度の葬儀内容やオプション内容(供花・供物・お料理など)を決めている方は、以前出したお見積り書から変更が無いかを確認しながら、ここで最終のお見積りをお出しします。ご家族様から故人様のお話を再度伺い、祭壇のお色やメモリアルコーナーなど世界に一つの特別なお葬式の準備をご家族と始めます。
葬儀社を決定していない場合は、葬儀に何が必要かを考えながら値段を比較し葬儀社を決めていかなければならないのです。価格が安い葬儀社が必ずしも良心的とは限りません。同じ価格でも、葬儀社によってプラン内容が違います。通夜・葬儀を滞りなく行える事を確認し、後から追加料金が発生しないように葬儀社とお話しながらすすめていきましょう。


業者が決まりお葬式のプランが決定したら、いよいよ納棺・通夜になります。納棺の際には、ご家族が故人様の好きだった物や、愛用品、お手紙などを一緒に納めてあげると良いでしょう。また、お通夜では会葬者に通夜振る舞いをして、皆様で故人様を夜通し偲ぶのです。

翌日は告別式です。そこではご家族、ご親族、会葬者の皆様がお焼香し、沢山のお花を皆様で棺に納め最後の別れの時を過ごします。そして喪主が挨拶をし、霊柩車で棺を火葬場に運ぶのです。

火葬場では約1時間前後火葬をして、その後はご家族やご親族の皆様で骨上げをします。骨上げはお箸を用いて行います。あの世とこの世の橋渡しの意味が込められています。

⇒生前から遺影に使用する大切なお写真や、お寺様の確認、ご親族様への連絡リスト、お棺に入れて差し上げる物などをご準備されている方は、スムーズにその場の状況に対応でき、通夜・葬儀の大切な2日間をゆっくりとお過ごし頂けると考えます。お別れの際は、故人様が大好きだった色のお花がお棺いっぱいに広がる事でしょう。
あまり葬儀の準備をされていなかった場合は、上記の事を確認しながら通夜・葬儀の2日間を過ごします。生前からご準備されている方と比べると、ゆっくりと過ごす事が難しいかもしれません。

 

 

 

人はいつ亡くなるのか、それは誰にも分かりません。人の死とはある日突然やって来るものです。

いつかが分からないこそ、お葬式の準備がとても大切になります。

お葬式の流れを見ると、事前に葬儀社を決めて相談をしている方とそうでない方とでは、お葬式の過ごし方が違います。

事前に準備をしている方とそうでない方が大きく違う点。それは・・・

大切な故人様とゆっくりと過ごす時間

 

通夜・葬儀の2日間は、ご家族様・ご親戚様・参列者様の皆さまにとって大切な日。

ですが、この日を誰よりも大切に想うのは、故人様の最初で最後のお式を

葬儀社と共に作り上げる喪主様です。

通夜葬儀の2日間で、沢山の選択に迫られた喪主様が

お葬式が終わった後、あまり悲しむ余裕がなかったな・・と後悔される事がないように。

 

家族葬専用ホールメモリアル堺では、事前相談を皆様にすすめております。

ですが中には、お葬式の事は考えた方が良いけど、事前相談に行く時間がない・・。という方も

沢山いらっしゃると思います。

全て決める事が出来なくても、ご家族様で万が一の時どんなお葬式にするか

お寺様の確認や、ご予算の確認、ご親族の人数確認など・・。

出来る所からご家族でお話する事をおすすめいたします。

 

 

人生で1回だけの大切なお葬式

これまでで1番大きなありがとうを伝え合う日に・・・。

 

 

葬儀費用の内訳とは・・・

〇葬儀に必要になる費用とは

大切な方との別れはとても悲しいものですが、いざ葬儀をするとなったらどうしても気になってしまうのが葬儀費用のことです。

いったいどのくらいの費用が必要なのか見当もつかないのが本音ではないでしょうか・・・
自分たちがこれから行おうとしている葬儀の見積もりを見たときに、その費用が本当に妥当かどうかを判断することができます。いくら急ぎの事態だからとはいえ、意に沿わない内容での葬儀を行うべきではありません。

 

 

 

〇お葬式の費用は大きく5つに分けることができます

①ご葬儀基本料金
②親族様の飲食費用
③その他(マイクロバス・火葬料金・お供え物)
④御布施
⑤返礼品(家族葬ではあまり必要とされません)


 何もかもにお金を使えばよいというわけでもありませんし、逆に、お金がなくなるのを気にして葬儀の内容が薄くなってしまうのも問題です。どのように送り出したいか、周りの人たちときちんと相談した上で、悔いの無いように必要なこととそうでないことをしっかり見極め、葬儀の内容を決めてみてはいかがでしようか。