堺市で家族だけで葬儀をご検討の方へ

家族だけで送る葬儀について

家族や親族、親しい友人・知人を中心に、小規模な葬儀形式を行うことを”家族葬”といいます。故人様と生前に深い関わりのあった方とお別れをすることで、ゆっくりと充実した時間を過ごすことができます。はっきりとした定義はありませんが、参列人数は1〜15名程度で行うことが多いようです。

 

 

 

密葬と家族葬の違いは?

「密葬」とは、親族だけの葬儀を行うことですが、一般的には、後日改めて大勢での葬儀を行うことが多いです。一方で、家族葬は親族だけの葬儀を1度だけ行う葬儀のことを指します。

 

 

 

 

家族葬のメリットとは?

家族葬のメリットは大きく3つあります。

 

 

1.費用面で負担が少ない

少人数で行う葬儀ですので、必要な式場のスペースも小さくて済みます。そのため、式場利用料も一般葬に比べて安く済む傾向にあります。また、2019年から続くコロナウイルス感染拡大の防止策として家族葬を選ぶ方も多くいらっしゃいます。

 

2.身体的な負担が少ない

一般葬を行った場合、大切な方を亡くしたにもかかわらず、一般の参列者に対して気を遣ったり、挨拶をしたりしなければなりません。家族葬を行えば、挨拶など一般参列者への対応で時間を取られることがないので、故人様と最後の時間をゆっくりと過ごすことが出来ます。

 

 

3.料理や返礼品の自由度が高い

大勢の方に参列いただく一般葬では、料理・返礼品などは必須となりますが、気を遣う親族もいない近しいご親族のみの家族葬であればご用意なしの場合もございます。家族葬専用ホールメモリアル堺では、式場で頂く通夜日の料理は持ち込みも可能です。

 

 

 

 

 

家族葬を行う上で注意すべきこと

家族葬を行う時に一番トラブルになりやすいのが、誰にきていただくのかについてです。どこまでを親族として葬儀に参列してもらうのかを喪主様が明確にしていないと、トラブルが起こりえます。そのため、生前に聞いておくか、前もって親族としっかり話し合っておくことが大切です。

家族葬でのトラブルを避けるためには、細心の注意を払い葬儀に参列しない親族や故人様の交友関係に配慮をしましょう。葬儀を行う前に、故人様の意志で家族葬を選ぶことを伝え、理解してもらうことが大切です。また、葬儀とは別に故人様を偲ぶ会を行うのも1つの方法です。

 

 

 

 

迷ったら葬儀社に相談しましょう

葬儀を行うにあたり、もっとも気になることの一つが葬儀費用です。それは家族葬であっても同様ですが、葬儀費用の内訳を明確にした見積もりを提示しない葬儀社もあります。何に費用がかかっているのかをしっかりと把握し、明確な葬儀社にご依頼いただくことをお勧めいたします。家族葬専用ホールメモリアル堺では、お電話やホームページからお見積りや資料請求などを行っております。葬儀に必要な項目をしっかり押さえ、ご家族の希望にそったご葬儀をサポートさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

メモリアル堺はいつでも相談を承ります

メモリアル堺は、家族や親族だけで送る葬儀についてのご相談をいつでも承っています。プロのスタッフが丁寧に分かりやすく皆様のお悩み事にお答えいたします。相談は何度でも無料です。お気軽にご連絡ください。

 

 

 

 

堺市における家族葬の流れとは?

堺市で行う家族葬について

身近な方がご逝去された際、何をすれば良いのか分からない、どこに連絡すれば良いのか分からない等のお声を沢山いただきます。今回は今注目を集めている「家族葬」について、事前準備のポイントや流れについて詳しくご紹介させていただきます。いざという時、冷静な判断ができなくなる可能性もあるため是非こちらの記事をご参考いただければ幸いです。

 

 

 

堺市で行う家族葬の流れについて

堺市で行う家族葬は、”通夜と告別式を2日間に分けて行う葬儀”と”通夜を行わず告別式のみを行う葬儀(1日葬)”がございます。ここでは、通夜と告別式を別日で行う葬儀についてご紹介いたします。一日葬について詳しく知りたい方はこちらをご確認ください。

 

 

 

 

 

 

“通夜と告別式を別日で行う葬儀”の場合

 

①臨終後

逝去後は葬儀社に連絡(072-269-4424)をし、故人様を搬送してもらいます。亡くなってから24時間を過ぎないと火葬を行うことはできないと法律で定められています。民間の霊安室又葬儀社のホール、ご自宅へ搬送しご安置させていただきます。

 

 

②スタッフとの打ち合わせ

葬儀社のスタッフと打ち合わせを行います。葬儀にかかる費用、喪主、遺影に使う写真、棺に入れる遺品の確認など葬儀の内容に関することを打ち合わせします。葬儀の見積書は複雑ですので、分からない点があれば何度でも相談しましょう。菩提寺への連絡、親族・参列者への連絡の仕方などは、トラブルを起こす可能性もありますのでしっかりと家族や葬儀社のスタッフと相談しましょう。

 

 

③死亡診断書の提出

死亡の事実を知った日から7日以内に提出する必要があります。死亡届の「届出人」(記入することができる人)となれるのは、親族、同居者、家主、地主、家屋管理人、土地管理人等、後見人、保佐人、補助人、および任意後見人です。こちらを提出するのは、誰でも構いません。その為、葬儀社が代行することが殆どです。(代行をしない葬儀社もございますので事前に確認しておきましょう)死亡届が受理されると「火葬(埋葬)許可証」が発行されます。「火葬(埋葬)許可証」は、火葬を行う為には必ず必要なものとなります。

 

 

④お通夜

お寺様の読経から始まり、お焼香を喪主から始めて故人様からつながりの深い順番に続けます。僧侶の読経と参列者の焼香が行われ、通夜終了の後は通夜振る舞いを行います。通夜振る舞いは、故人と縁があった方々への感謝と故人への供養の意味を込めて、料理やお酒をふるまいます。(コロナウイルス感染の状況によりお弁当を持ち帰る場合や通夜振る舞いを行わない場合もございます)

 

 

⑤告別式

お通夜の翌日、最後のお別れを行います。

 

 

⑥出棺・火葬・お骨上げ

式場から火葬場まで移動をし、火葬を行います。火葬を待っている間に精進落としを行い、食事をとります。火葬終了後はお骨上げを行い、初七日法要を行う場合は式場へとお戻りいただきます。初七日法要を行わない方又は式中に初七日法要の読経まであげてしまう式中初七日法要を行った方は火葬場にて葬儀が終了となります。

 

 

 

 

堺市における家族葬の事前準備とは?

家族葬に関する事前準備として行うべきことは主に以下の2点です。

・葬儀社を決めておく

万が一の時のことを考えて、事前に葬儀社を決めておくとかなり負担を減らすことができます。もし大切なご家族がお亡くなりになった時、一から葬儀社を探すとなると時間も労力もかかってしまう為、あまりオススメできません。葬儀社のチラシを置いておいたり、資料請求だけをしておくだけでも安心に繋がります。

 

 

 

・お葬式の事前相談を行う

葬儀社をある程度絞ったら事前に相談へ足を運びましょう。その際にお葬式の形や人数についてあらかじめ決めておくと、お話がよりスムーズに進むかと思います。最近では、お葬式の費用に関するトラブル等も多発しているので、そのような事を回避するためにも、葬儀費用やプランの事だけでなく、スタッフの対応や口コミなども確認し、本当に信頼できる葬儀社なのかをきちんと見極めることも大切です。

 

 

⇒実際に御縁をいただいたご家族からの口コミはこちらをチェック!

 

 

 

堺市で家族葬をするなら”メモリアル堺”

堺市でお葬式をご検討の方は、是非「メモリアル堺」にお任せください!お見積り・資料請求は、全て無料で承っております。どのような雰囲気の中で葬儀を行いたいのか、専門のスタッフがご家族のお気持ちをお伺いし、ご希望のスタイルに合わせてご提案させていただきます。

まずはお気軽にお問い合わせ下さいませ!

 

 

 

 

家族葬専用ホールメモリアル堺
住所:堺市中区深井北町3500
TEL:072-269-4424
※駐車場あり

堺市で無宗教葬をお考えの方へ

無宗教葬とはどのようなお葬式?

近年、「特に決まった自分の宗教はない」という理由で、無宗教葬を検討される方が多くいらっしゃいます。そこで、無宗教葬とは一体どのようなお葬式なのか、一般葬とはどこが違うのかについて詳しくご紹介いたします。

 

 

無宗教葬とは?

全日本冠婚葬祭互助協会のアンケートによれば、お葬式の形式について「無宗教」と答えた方は、2011年以降は2%程度いらっしゃいます。年々、日本人のお葬式への考え方は変化しており、無宗教葬のあり方も認められつつあります。そのような時代背景により、無宗教葬を選びやすくなっているといえます。

無宗教葬とは、宗教者を呼ばないお葬式のことです。【自由葬】と呼ばれることもございます。最も大きな特徴となるのは、宗教者がいないため、読経など宗教儀式を行わないことです。従来のお葬式形式にとらわれることのないお葬式スタイルであるため、お葬式の流れをアレンジすることもでき「故人らしい」お葬式を行うことができます。

一方で、「演出にあまりこだわりたくない」「なるべく費用を抑えたお葬式を行いたい」という方は、直葬や火葬式を選ばれることもございます。

 

 

 

 

 

堺市における無宗教お葬式の流れ

無宗教お葬式では、特定の宗教に則ったお葬式とは異なり、決まった流れというものがありません。昔からの形式や慣習にとらわれないため、故人や親族の考えを反映した葬儀を執り行うことができます。ここでは、その一例をお伝えします。

 

①参列者入場

お葬式に参列する方が会場に入場し、決められた席に座ります。このときに、故人の好きだった音楽を流したり、生演奏で参列者を迎えたりする場合もあります。

 

②黙祷

無宗教のお葬式では、仏式のように僧侶がお経を読むことはありません。このお葬式の流れに、初めて無宗教のお葬式に参列した方は、多少の戸惑いを感じることもあるようです。

無宗教のお葬式では、お経を読まない代わりに、参列者全員で故人に対して黙祷を捧げることが一般的です。目をつぶって少し頭を下げ、故人を偲ぶ時を過ごします。

 

③献奏

献奏では、故人が好きだった曲や思い出の曲をかけます。ほかにも、楽器やバンドによる生演奏をすることもあるようです。生演奏を希望される方は葬儀社へ事前に確認をしておくと安心です。生演奏以外でも、ご家族で思い出ムービーを作成し、上映したりする場合もあります。思い出の曲をかけるときは、事前に用意し曲にまつわるエピソードも紹介するとよいでしょう。

 

④献花

無宗教のお葬式では仏式でいう焼香はなく、献花を行います。献花も焼香などと同様、故人を弔う意味を持つものです。菊やカーネーションなどが一般的ですが、故人の好きだった花を選んでも良いでしょう。その時に故人が好きだった曲をBGMとしてかけても良いでしょう。

 

⑤喪主の挨拶

喪主から参列者に対しての挨拶が述べられます。お葬式への参列に対するお礼と、生前のお付き合いへの感謝の気持ちを表すものです。その後ご出棺という流れになります。

 

 

 

 

 

 

 

無宗教葬を行う上で起こりうるトラブルとは?

・親族や関係者から理解を得られない可能性がある

無宗教葬は、一般的に浸透しているとは言い難い状況です。そのため、馴染みのない人や通常のお葬式にこだわりを持つ人から反発される可能性もございます。

 

・お付き合いのあるお寺から理解を得られない可能性がある

お付き合いのあるお寺の教えにそぐわないお葬式の形式を取ることで、納骨などを拒否される可能性が生じます。そのため、お付き合いのあるお寺がある場合は、無宗教葬を行わない方がほとんどです。

 

 

 

 

まとめ

無宗教葬は「自由な形で故人様とお別れができる」といった、ご家族でプロデュースができるお葬式でもあります。お寺様の読経が無い為、従来の【儀式】という印象よりは【お別れ式】というイメージの方が強いのではないでしょうか。

今回ご説明させていただいた、無宗教のお葬式の流れは、あくまでも一例です。ご家族によってお別れの形は異なり、お別れの際に様々な希望もあるかと思いますので、まずは家族葬専用ホールメモリアル堺にご相談くださいませ。

 

 

 

 

 

 

家族葬専用ホールメモリアル堺

住所:堺市中区深井北町3500番地
TEL:072-269-4424
24時間365日お問い合わせ可能です

 

 

 

 

堺市におけるコロナ禍の家族葬について

 

近年では新型コロナウイルスの流行により、葬儀のスタイルもできるだけ三密(密閉・密集・密接)を防ぐ形のものが主流になりつつあります。今回は堺市のお葬式の現状や注意点を紹介します。

 

 

堺市におけるお葬式の現状

一昔前までは、「一般葬」と呼ばれる、遺族や親族だけでなく、友人・知人・近隣住民・職場関係者といった故人に関わるあらゆる関係者が参列するスタイルが一般的でした。しかし、コロナウイルス感染拡大を避けるために、大人数での葬儀に参列する形態ではなく、少人数で行う「家族葬」の需要が高まってきています。

家族葬は、その名の通り”家族や身近な人だけの2~10人程度”で行います。その中でも、ご家族の要望に合わせて、通夜・告別式を一日だけで行ったり、多くの人が集まらないように儀式自体を行わなかったりする新しい「家族葬」のかたちが広がっています。

 

メモリアル堺のプラン一覧はこちら

 

 

 

誰を呼ぶか?

どの葬儀形態を選ぶにしても、親族をどこまで呼ぶかどうかはしっかりと考える必要があります。親族の中でしっかりと話し合うことをお勧めいたします。今回は、実際に葬儀を行った方の実例をいくつか紹介します。

 

・2親等以内

血縁の近さを基準として判断している方がいらっしゃいます。この場合、基準がはっきりしているのでトラブルを避けることができます。

 

 

・地域が近い方

県内に住んでいる親族のみで行うなど、地域で判断する方もいらっしゃいます。エリアを跨ぐ移動は感染リスクを高める可能性もあり、来ていただく方にも負担を掛けてしまうことがあるために、お住まいの地域を判断軸にしている方がいらっしゃいます。

 

 

・生前に交流が深かった方

血縁関係にあっても日頃のお付き合いがなかった人は、呼ばないようにしている方もいらっしゃいます。

 

 

 

参列を遠慮してもらう時には?

訃報を伝える際に「このような状況なので、近しい家族のみで行うことにしました。」と言えば問題ありません。また、香典や供花を辞退する場合には「恐れ入りますが、ご香典やご供花もご辞退申し上げます。」と辞退の意思をお伝えするとよいでしょう。

タイミングとしては、「葬儀前に訃報を伝える際に、参列辞退の旨を伝える」か「葬儀後に連絡する」という方法があります。血縁関係が近い方に対しては、トラブルを避けるために亡くなった時点で伝えるべきでしょう。

 

 

コロナ禍により葬儀を執り行う際の注意点とは?

新型コロナウイルスに感染するリスクを踏まえて、葬儀を執り行う際に注意する必要があります。三密にならないように式場の空間を開放するようにして、ドアを開放しておくなどの工夫をしましょう。

また、参列者同士の席の間隔を空けることによって感染リスクを少しでも減らすことができます。適度なソーシャルディスタンスを保ち、参列するようにしましょう。

 

 

 

メモリアル堺ではコロナ対策を行っています

メモリアル堺では、スタッフ一同マスク着用での対応を徹底、手指消毒用のアルコールを入口付近に設置し、出入りする際には必ずアルコール消毒を使用するよう促しています。また、スタッフがアルコール消毒を携帯することで、どのような時も手指を消毒して衛生的にきれいに保っており、式場の椅子やテーブルなど多くの方が接触する場所を必ず消毒をするようにしています。

上記のようなコロナ感染拡大防止対策を行い、皆様に安心して利用いただけるように努めてまいります。お気軽にご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

堺市における費用が安い葬儀・火葬式とは?

堺市における費用が安い葬儀・火葬式とは?

 

火葬式とは?

従来のお葬式と比べて、コンパクトなお葬式を希望する方が増えてきています。その中でも、「火葬式」など、お通夜や告別式などを行わずに故人を見送る葬儀を希望される方が大阪府でも増えてきています。

火葬式は、葬儀全体の2割以上を占めているといわれており、新型コロナウイルスの流行もあり今後も増えていくと予想されています。今回は、「火葬式」について詳しくご説明します。

 

 

 

 

火葬式の流れとは?

 火葬式はあまり馴染みがなく、葬儀の流れが分からないという方が多いようです。まずは、対象の方が逝去した場合からの流れについて簡単にご説明します。

 

逝去から火葬式までの流れ

①病院や警察でご逝去後、葬儀社へ連絡しましょう。

②葬儀社に、火葬式を希望する旨をお伝えください。そのあと、自宅で安置をするか、葬儀社の安置施設で安置をするか聞かれます。ご希望の安置場所をお選びください。

③24時間安置した後、火葬場へ向かいます。

④火葬場でお別れになります。宗教者を呼ぶ場合は、火葬炉の前で読経をしていただきます。

⑤火葬が終わり次第、収骨を行います。

 

 

 

火葬式のメリットとは?

 火葬式の2つのメリットについてご紹介いたします。

 

〇負担が少ない

大勢の人を呼んで葬儀を行った場合、大切な方を失った悲しみの中でも参列者への配慮をしなければなりません。火葬式の場合は、親族や身近な人のみで執り行うとてもシンプルな葬儀形態となっています。そのため、普通の葬儀に比べて参列者対応への精神的・体力的な負担を軽減することが可能です。

〇コロナウイルス感染拡大防止になる

通常のお葬式の場合は、多くの人を集めることになるため、コロナウイルス感染のリスクが高まります。一方で火葬式は、短い時間でお別れをすることができるため、感染のリスクを軽減することができます。

 

 

 

火葬式のデメリットとは?

火葬式の2つのデメリットについてご紹介いたします。

〇お付き合いのあるお寺とトラブルに発展する恐れがある

普段お付き合いのあるお寺(菩提寺)がある場合は先祖と同じように故人も納骨をすると思いますが、火葬式を選んだことで納骨ができない可能性もございます。戒名をつけられていない、儀式をしていないため檀家と寺の関係性が崩れ、結果的に納骨を拒否されることもございます。そのため、火葬式を選ぶ場合は、一度菩提寺に相談いただくことをお勧めします。

 

〇後々後悔する可能性がある

故人とお別れする時間がわずかしか持てないという点もデメリットの一つです。通常のお葬式ならば、お通夜やご葬儀、告別式の間に故人に手を合わせ、祈る機会があります。しかし、これらを省く火葬式では、お別れの時間が少なすぎると感じてしまうかもしれません。

 

 

 

火葬式を検討している方は”まずは相談”しましょう!

火葬式をご検討されている方は、親族・お付き合いのあるお寺・葬儀社スタッフと相談することをお勧めいたします。家族葬専用ホールメモリアル堺では、火葬式に関するご相談をいつでも承っております。火葬式以外の葬儀形態ももちろんのこと、費用や当日の流れについても詳しくご説明いたしますので、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【葬儀実例】 堺市 家族葬    家族葬専用ホールメモリアル堺


 葬儀費用総額 ¥832,900円


家族葬専用ホールメモリアル堺
長野です。

こちらの葬儀事例は3週間前に事前相談を
させて頂きました堺市中区A様より
家族葬のご依頼を頂きました家族葬の
葬儀事例となります。

 

 

広告チラシをご覧いただき、
家族葬専用ホールメモリアル堺
へとお越を頂きました。

 

親族20人での家族葬をご希望で
式場見学とお見積りをご希望で
いらっしゃいました。

 

パンフレットより
家族葬胡蝶蘭プランをお選び
頂きましてお見積りを作成し書面
にてお渡しさせていただきました。

少人数での家族葬ですが祭壇は
立派にしてあげたいとの
ご意向ででした。

 

広告チラシをお持ちいただきましたので
メモリアルクラブへの入会金は2,500円で
手続きをさせていただきました。

 

 


葬儀実例の詳細


 

【葬儀形式】
家族葬(通夜と葬儀)

【利用プラン】
胡蝶蘭69プラン(会員価格)

【参列者】
親族様18人 一般参列者5人

【宗旨・宗派】
浄土真宗本願寺派

【利用式場】
家族葬専用ホールメモリアル堺

【利用火葬場】
堺市立斎場

 

 


葬儀実例の内訳


 

(ご利用プラン)
胡蝶蘭プラン¥759,000円
(会員様価格)
※式場使用料金を含み

(火葬料金)
¥20,000円(堺市へのお支払い)

(親族一同供花)
1対¥44,000円

(貸し布団)
3組¥9,900円

(親族様の飲食費用)
お料理屋さんへ実費での支払いになります

 

【葬儀実例】 堺市 1日葬    家族葬専用ホールメモリアル堺


 葬儀費用総額 ¥592,000円      (堺市中区 1日葬)


家族葬専用ホールメモリアル堺
田中です。

こちらの葬儀事例は2年前に事前相談を
させて頂きました堺市中区K様より
1日葬のご依頼を頂きました
葬儀事例となります。

 

 

広告チラシをご覧いただき、
家族葬専用ホールメモリアル堺
へとお越を頂きました。

 

親族6人での家族葬をご希望で
式場見学とお見積りをご希望で
いらっしゃいました。

 

パンフレットより
1日葬46プランをお選び
頂きましてお見積りを作成し書面
にてお渡しさせていただきました。

ご本人の遺志を尊重し
宗教者は呼ばずに親族だけで
お父様の趣味でもあるジャズの歌を
流しながらお別れを希望でした。

 

広告チラシをお持ちいただきましたので
メモリアルクラブへの入会金は2,500円で
手続きをさせていただきました。

 

 


葬儀実例の詳細


 

【葬儀形式】
1日葬(告別式を1日で)

【利用プラン】
1日葬46プラン(会員価格)

【参列者】
親族様6人 一般参列者0人

【宗旨・宗派】
無宗教

【利用式場】
家族葬専用ホールメモリアル堺

【利用火葬場】
堺市立斎場

 

 


葬儀実例の内訳


 

(ご利用プラン)
1日葬46プラン¥506,000円
(会員様価格)
※式場使用料金を含み

(火葬料金)
¥20,000円(堺市へのお支払い)

(親族一同供花)
1対¥66,000円

(親族様の飲食費用)
お料理屋さんへ実費での支払いになります

 

大切な方が危篤になったときの流れについてご紹介

危篤状態とは?

「危篤」とは、いつ亡くなってもおかしくない状態のことを指します。「危篤です」と医師に告げられた場合、亡くなるまでどれくらいの時間があるのかということが一番の心配になります。結論から申し上げますと、医師にも分かりません。

危篤状態であるとの連絡を受けてから何日も続くことがあれば、数時間で回復することもあります。これは病状や年齢、投与している薬の種類など様々な要因によって危篤状態から回復することもあるため、どのくらい危篤状態が続くのかは誰にも予想ができません。

 

 

大切な方が危篤状態の時にしておくべきこと

 大切な方が危篤といわれたとき、ご家族はどのような対処が必要なのでしょうか?大きく2つございます。

・葬儀社を決めておく
・家族や菩提寺に連絡を入れる

上記2つに関して説明します。

 

 

葬儀社を決めておきましょう

 亡くなると決めつけるわけではなくとも、万が一の事態のために、葬儀社を決めておくとご家族の負担を減らすことができます。もし、お亡くなりになった後に、一から葬儀社を探すとなると金額や内容など冷静な判断が出来ない可能性もございます。ご家族が後悔をしない為にも、希望通りの想い送りができる葬儀社を決めておきましょう。

 

 

連絡をしましょう

 まずは、近親者に連絡しましょう。危篤の連絡を入れる範囲としては3親等以内が一般的です。3親等以内とは配偶者・子・孫・ひ孫・親・祖父母・曾祖父母・兄弟姉妹・叔父・叔母・甥・姪が該当します。特に、離れた土地に住んでいる親戚や家族には、できるだけ早く亡くなった旨を伝えるとよいでしょう。

 

 

 

近親者への連絡をしましょう

臨終に間に合わなかったと後悔しないためにも、危篤状態の連絡は電話で行うのが一般的です。携帯電話もしくは家の電話にかけましょう。連絡する時には、病院の名前、住所、病室の番号などを伝えるとスムーズです。病院に面会時間や決まりがある場合は、連絡事項があれば一緒に伝えておきましょう。

 

連絡するタイミング

近しい親族であれば危篤の連絡する時間については原則、深夜でも早朝でも構いません。ただ、深夜や早朝に連絡するときには「深夜にすみません」「早朝からすみません」などの前置きをするなど心配りを心掛けましょう。また、相手の体調など配慮したほうが良いと思われるときには、連絡を控えた方がいい場合もあります。

 

 

②宗教者への連絡をする

もしもの時に備えて、日ごろから関係のある菩提寺に連絡しておきましょう。あらかじめ状況を伝えておくことで、万が一の場合でもすぐに対応してもらえます。特に菩提寺が遠方にある場合などは、早めに連絡するのがおすすめです。

 

 菩提寺がない・無宗教の方の場合

菩提寺がない場合は、特に連絡をする必要はありません。メモリアル堺では、すべての宗教で葬儀を行うことができますのでご安心くださいませ。

 

 

 

 

困ったら堺市の葬儀社へ相談がおすすめ

もしもの時のご遺体の搬送手配からご安置、葬儀の手配で困ったときは、メモリアル堺までご相談ください。専任のスタッフが必要なことをご案内させていただきますので、ご安心ください。

 

 

 

 

 

家族葬専用ホールメモリアル堺

住所:堺市中区深井北町3500番地
TEL:072-269-4424
24時間365日お問い合わせ可能です

★泉北一号線沿いロイヤルホームセンター様の向かい
★ピンク色の看板が目印です
★丸亀製麺様の北隣です
★駐車場完備

 

 

【葬儀実例】 堺市南区 1日葬  家族葬専用ホールメモリアル堺


 葬儀費用総額 ¥460,000円


 

 


葬儀実例の詳細


 

【葬儀形式】
1日葬(告別式を1日で)

【利用プラン】
1日葬36プラン(会員価格)

【参列者】
親族様6人 一般参列者0人

【宗旨・宗派】
浄土真宗本願寺派

【利用式場】
家族葬専用ホールメモリアル堺

【利用火葬場】
堺市立斎場

 

 


葬儀実例の内訳


 

(ご利用プラン)
1日葬36プラン¥396,000円
(会員様価格)
※式場使用料金を含み

(火葬料金)
¥20,000円(堺市へのお支払い)

(親族一同供花)
1対¥44,000円

(親族様の飲食費用)
お料理屋さんへ実費での支払いになります

 

【葬儀実例】 堺市小さな家族葬  家族葬専用ホールメモリアル堺


 葬儀費用総額 ¥474,200円


 

 


葬儀実例の詳細


 

【葬儀形式】
家族葬(通夜と葬儀)

【利用プラン】
家族葬39プラン(会員価格)

【参列者】
親族様10人 一般参列者3人

【宗旨・宗派】
浄土真宗本願寺派

【利用式場】
家族葬専用ホールメモリアル堺

【利用火葬場】
堺市立斎場

 

 


葬儀実例の内訳


 

(ご利用プラン)
家族葬39プラン¥421,200円
(会員様価格)
※式場使用料金を含み

(火葬料金)
¥20,000円(堺市へのお支払い)

(親族一同供花)
1対¥33,000円

(親族様の飲食費用)
お料理屋さんへ実費での支払いになります